メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字@デジタル

第1・第2水準で新常用漢字に対応できる?

比留間 直和

 新しい常用漢字を打ち出すには、最新の JIS X0213(第1~第4水準。いわゆるJIS2004)対応の製品が必要。過去の回でそう書きました。

 それに間違いはないのですが、純粋な規格論でいうと、X0213ではなく古い規格である JIS X0208(第1・第2水準)に適合しながら、新常用漢字に対応した製品を作ることが可能です。

 どういうことでしょうか。
 
  
 文字@デジタル「『改定常用漢字表』解剖 2」(2010年6月7日)で、新たに常用漢字表に追加された196字とJIS漢字との関係について述べました。下は、このとき掲載した「改定常用漢字表の追加196字がJIS漢字のどの水準にあるか」を示した図です。

 赤い字は「2004年改正で JIS X0213 の例示字体が変更され、かつ変更前の字体が常用漢字表で『デザイン差』とも認められていないもの」です。変更前の字体とはすなわち X0208 の例示字体ですから、「X0208 の例示字体だと常用漢字表の標準と異なるもの」と言い換えることができます。

 青い字は「JIS第1・第2水準以外の領域にあるもの」です。ただし「」は、X0208にある「叱」も常用漢字表で「デザイン差」と認められており、国語施策の観点からはどちらを使っても構わないことになっています。

 というわけで、追加字種のうちこの赤い16字と、青い字のうち「」を除く3字の計19字が、「JIS X0208の例示字体の通りに作った製品では、新常用漢字の字体(デザイン差含む)が打ち出せないもの」ということになります。
 
 
         ◇
 
 
 しかし、JIS漢字は例示字体はあくまで例示であって、厳密にその形でなければならないというわけではありません。

この記事の続きをお読みいただくためには、ことばマガジンのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者の方なら手続き不要

ことばマガジンは朝日新聞デジタルの一部です。
有料購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

比留間 直和

比留間 直和(ひるま・なおかず)

1969年生まれ。大学では中国文学を専攻。93年に校閲記者として入社し、主に用字用語を担当。自社の表外漢字字体変更(2007年1月)にあたったほか、社外ではJIS漢字の策定・改正にも関わる。